カバネリピンボール

OKAYAMA INNOVATION CONTEST Grand Prix 2021

OKAYAMA INNOVATION CONTEST 2021
受賞者決定!!

11月27日(土)、岡山シンフォニーホールにて「岡山イノベーションコンテスト2021」
ファイナルステージが開催された。当日はファイナリスト16組による優れたビジネスプランが披露され、
会場客を魅了した。グランプリと各部門の大賞受賞者を紹介紹介します。

受賞者紹介

グランプリ / ビジネス部門 大賞

データ駆動型ウェルビーイングを
叶える母子手帳の拡大DX事業

そなえ株式会社 
森 三貴子

写真:グランプリ/ビジネス部門大賞 受賞者
アプリで簡単にデジタル化

当社が提案するのは「We Love Baby(ウィラバ)」による母子健康手帳のデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。妊娠の状態や子どもの発育状況を手軽に書き込めるという利点がある紙媒体の母子健康手帳をアプリ「ウィラバApp」で補完し、将来の病気予防へと機能も拡大させる。
各ページを撮影すれば、掲載情報をOCR(光学文字認識)でデジタル化するため手で入力する手間がいらず、紛失してもバックアップデータから記録を復旧できる。また、アプリと連動して使う「ウィラバPaper」を発行。妊娠や出産乳児健診などの節目には、掲載されている二次元バーコードからアクセスし、アンケートに回答してもらう。データは将来の疾病予防や発症時のフォロー体制などで活用できるほか、行政やパートナーシップを結んだ企業が求める子育てや医療に関するビッグデータになる。ウィラバを通じて妊娠に期待が持てる社会を実現することは、誰もがよりよく生きるウェルビーイングにつながると確信している。

ビジネスプラン部門:高校生の部 大賞

生きた化石と人類の共栄
~人類を救う! カブトガニ牧場~

笠岡商業高等学校
髙見 弥央 / 田中 菜々美
横山 悠大 / 畝川 凌一

写真:ビジネスプラン部門 高校生の部 大賞受賞者
カブトガニの養殖で収益を

新型コロナウイルス感染症に対するワクチン開発の安全性確認に、カブトガニの血液が使用されている。今後も世界で起こりうる感染症から人類を守るため、笠岡市でカブトガニを養殖し、血液を供給する。
養殖地には旧繁殖地の金浦地区を予定。栄養分を含む海水を循環させるパイプラインを敷設する。総費用は15億円に上るが、ベンチャーキャピタルから資金調達し、目標の1万匹を飼育できれば年間18億円の収益になる。
このプランによって「海の豊かさを守ろう」「すべての人に健康と福祉を」「働きがいも経済成長も」「住み続けられるまちづくりを」というSDGs(持続可能な開発目標)の四つの目標を達成し、人類とカブトガニとの共存の道を実現できる。 

ビジネスプラン部門:大学・専門学校生の部 大賞

全国の就活生の面接を
閲覧&分析できる「面接図鑑」

岡山大学 
吉田 裕哉

写真:ビジネスプラン部門 大学・専門学校生の部 大賞受賞者
数値化で実力アップ

就活において自身の〝面接力〟は客観的に判断できないため、改善点がわからず悩む学生は多い。その課題を解決するのが、現役の人事担当者と何度でも模擬面接ができるオンラインサービス「面接図鑑」だ。Zoomで模擬面接を受けると、AIと人事担当者がロジカル力、創造力など10項目を4段階で数値化。強みと弱みを可視化でき、的確なアドバイスをもらえる。面接は録画され、他の学生の面接も見放題。自身が苦手な項目に強い学生の面接を視聴して練習もできる。
企業側のメリットとしては、コミュニケーション力など学生のソフトスキルを測った上でオファーを送信でき、ミスマッチを防げること。同サービスは8月にリリースし、現在400人以上の就活生、6社の企業が利用している。 

ビジネスプラン部門 一般の部 大賞

ホビー向け工具・コンテンツで
地元企業とともに世界に挑む

P!MODEL LABO 
内田 圭

写真:ビジネスプラン部門 一般の部 大賞受賞者
ニーズと技術つなぐ

私の趣味はタミヤが製造販売するミニ四駆。改造を快適に行うため、使いやすいアイデア工具を自分で設計。地元・岡山の町工場に製造を発注し、販売もしている。当社の工具商品はSNS(会員制交流サイト)で評判となり、販売開始以来、順調に売り上げを伸ばし、世界7カ国にも輸出している。
国内外にあるホビーやアニメ関連の巨大市場のニーズを私が読み取り、それに応じた商品を高い技術力を持つ岡山の町工場で製造する。工具以外にも、将来的にはオーダーメードのコスプレ衣装の販売サイトなどを運営する。今後は県内の企業だけでなく工業系高校・大学とも連携し、岡山のものづくりの未来の担い手を育てていきたい。「MADE IN OKAYAMAをともに世界へ」を合言葉に、ボトムアップ型の地方創生を目指す。 

サンマルク賞

狩猟技術伝承スクール

高梁高等学校 
大森 麻琴

写真:サンマルク賞受賞者

国内の鳥獣による農作物被害は年間160億円に上り、森林を荒らすなど生態系にも影響を及ぼしているが、狩猟者は高齢化で減少している。そこで狩猟者の確保と狩猟文化継承のためのスクールを設立し、ワナ免許を中心に狩猟免許取得のための講習や熟練者による実技講習を実施。行政から鳥獣駆除を請け負って収益の柱とする。一般向けには狩猟見学ツアー、野生鳥獣ウオッチングを開催し、観光資源化も目指す。人と野生動物が共存し、都市部と中山間地域、高齢者と若者など多くの人が交流する機会になることを願う。

MASC賞

NoCode AIプラットフォーム「TSP」

岡山大学大学院 
長島 慶樹

写真:MASC賞受賞者

知識やスキルがなくても画像認識AIを開発でき、ビジネスに容易に導入できるノーコードAIプラットフォーム「TSP」の開発・提供に取り組んでいる。例えば製造業で良品と不良品を分類するAIの開発には、学習させる画像を準備すればよく、ワンクリックでAIを現場の装置にインストールできる。サブスク(定額制)型の提供なので導入コストは安価だ。このAI実装技術は来年1月、特許申請する予定。日本のAI導入率が低い原因であるAI人材の不足と開発コストの高さという二つの課題をTSPが解決する。

審査員特別賞

日食が勝敗を分けた!?
プラネタリウムで体感する源平探訪ツアー

(尾崎)岡山大安寺中等教育学校
(丸口・勝)倉敷古城池高等学校
丸口 天音 / 尾崎 光 / 勝 まりな

写真:審査員特別賞受賞者

倉敷の地で源平水島合戦(1183年)、藤戸合戦(1184年)が繰り広げられた。水島合戦で平氏軍は日食に乗じて源氏軍に勝ったとされる。天文現象が決め手の戦いは世界的にも珍しい。この戦いを題材に、日帰りの「時空を超える歴史体感ツアー」を考案した。藤戸地区の史跡を訪ね、船で水島灘を巡った後、倉敷科学センターのプラネタリウムで水島合戦当日の日食を再現した独自プログラムを鑑賞する。同ツアーはコロナ禍で中止を余儀なくされている小中学生の修学旅行の代替となり、郷土の歴史を新たな世代につないでいける。